2011/10/14

緊急報告

みなさま、ゴブサターンのwada-Jでございます。

Mukai

あんなに待ち遠しかった夏も一瞬で過ぎ行き、季節はもう秋。向井亜紀。

もうちょっとで『雪でてこいや~』の高田馬場☆延彦でございます。

8/15に29歳になりまして、色んな人の誕生日を祝っている割にはオレの誕生日はいつも孤独。

Heiroku

すすきのの平禄寿司でハマチを頬張っている所で29歳の誕生日を迎えました。

昨日もね、小学校1年生くらいの男の子が下校している様子を見ながら

「あー、あの時結婚していればこの子くらいの子どもはオレにも居るんだよなぁ」

とか、そんなことを考えておりました。

いつオレに雪解けの春は訪れるのでしょうか?

1年後の未来、5年後の明日なんて10年前の自分と同じように想像もつきません。

ただ、そろそろ所帯を持たないとキツいよね。

アラサーですから(笑)

さて、遂に野球人としての引退を行ったオレ(ブログにて後日、仮想引退会見の模様をアップします)ですが、その分音楽方面に活動はシフトしていきます。

もちろん、パーティーイベントのオーガナイズになっていくのですが、2つのパーティーをスタートしていこうと思っています。

1つはもう既にスタートを切っているSunday Afternoon Event『Lentamente』であります。

次回は11/13。

このイベントは隔月でのイベント。

初めて来たお客さんからも反応は上々とあって、反省と実現を繰り返しながら高めていこうと思っています。

Crewも多いってことで、とてもやり易い。

みんなで料理を持ち寄ってのブッフェスタイルのバーカウンター、そして音は週末のクラブさながらのクオリティ。

クラブ初心者もヨツウチ大好きなアナタも楽しめる、そんな『日曜日の新しい楽しみ方』をコンセプトとしたLentamente。

そして、自分の長年活動してきた帯広電子音楽研究会が主催するBalearic Style Event『unreal』。

これはtechnoやhouseなどのヨツウチからオールジャンルまで、色んな音楽を提供するunreal。

自分としてはIbizaの薫り漂うbig beatなtechnoだったり、哀愁感じるprogressive house。

POGIさんにはelectroから歌謡曲という幅広いmix styleを。

TAKIにはメッセージ性の強いダンサンブルなhouse。

サブレギュラーのnobuzamuraiにはオールジャンルDJという帯広ではあまり見られないプレイスタイルを。

そして、Nosaka君にゃ帯広のハウスオピニオンとして老獪な攻めを!!

その個々が強烈に個性を放ち、それがcross overする面白さ。

ジャンルという垣根を取っ払って、一夜のパーティーで音楽を『まじくる』のがbalearic style。

nome→daihachisoukoのレギュラーパーティーのような雰囲気で、『帯広にヨツウチを灯し続けろ!』を合言葉に活動して参ります。

今年は10/29、11/12、12/24の月一で。

そして来年は1/3!

来年の1/3は『DUSTDAYS SPECIAL』と題して、90年代後半から2000年代前半までの帯広のテクノシーンを牽引したDUSTDAYSのメンバー(TSUYOSHI,HAYATO,wada-J groovin')でお送りする予定。

この日だけはAll TECHNO!!

130BPM overというHARD TECHNOでお送りします。

自分がパーティーを立ち上げるという構想はあっても、中々前に進む事が出来なかった。

そりゃ一人でやる事には限界があって、crewの存在が不可欠という事。

このプロジェクトの立ち上げに尽力を賜ったNOSAKA夫妻には本当に心から有難うと言いたい。

帯広のtechnoとhouseが内外に少しでも認知されるように行動していこうと思う。

とにかく、音楽が違う力を産むって素晴らしいと思うのよ。

実際に被災地で気持ちを鼓舞する時にみんなで歌を歌ったなんてのもあったし、実際自分がその立場だったとしてもおそらくそうだろうね。

プラス収益を計上して人の為になれれば最高よねん。

何よりも10/29のunreal@clubafro。

是非ともご来場ください☆

Img_8934

[unreal vol,1]
10/29 SAT 2011@clubafro
OPEN 22:00-Last
DJs
POGI
Nosaka
Nobuzamurai
wada-J groovin'
※FlyerではクレジットされていませんがNobuzamuraiの急遽ブッキングが成功しました。

LentamenteのFlyerは誠意製作中!!
続報を待て!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/27

HOME-THE FINAL-

20110827_home_at_club_afro

【HOME-Final-】
DATE:27 August 2011 (SAT) 23:00
VENUE:club afro
CITY:OBIHIRO HOKKAIDO.JAPAN
FEE:w/f1500 Door2000
Guest DJ's
TANAKA(orange)
TAKASUKE(THE HAKATA)
DJ's
wada-J groovin'

道新花火大会後の23時にclubafroにてHOME-FINAL!!!!!-

マジでラストです。。。

んで、10月から新しくオレがオーガナイズするBalearic Style Event『UNREAL』がスタートします!!!

今日は花火大会なのでメッチャpassionateにやってこーと思います☆

以下、profile~☆

P1010024

【DJ TANAKA PROFILE】

2000年、札幌を拠点としてDJ活動をスタート。
同時期にESASHIKA(INTEC、SUBVOICE)と知り合い、マンスリーテクノパーティ「orange」をスタートさせる。
プレイスタイルはHardminimal、Hardtechnoをメインとし、あらゆるTrackを矢継ぎ早にスイッチするスタイル。
「orange」を主軸とし、多数の札幌テクノパーティへゲスト出演。
Charlie Hall、Oliver Ho、KAGAMI、TASAKA、cave、DJ Nakahara、7th gateなど、数々の国内外アーティストとの競演を果たし、その常に一貫したHardなスタイルには定評がある。

Dscf1454

【TAKASUKEプロフィール】

幼少の頃、父の管楽器を壊してしまったのをきっかけに音楽の道へ。
15歳で舞台製作に入り、その道のプロと共に様々な音楽に触れた現場経験を生かしDJデビュー。
「NONAME」「sola」等のレジデントDJを経験し、現在はTheHAKATA「DJ Session Special」レギュラーDJ、「橋の下muzuka」主宰、等、札幌を中心に道内はもちろん、道外からも熱いラブコールを受け各所でPLAY。
彼独特の空気感を持ち、何者にもとらわれないそのスタイルは、各地のパーティピープルから支持を受け、フロアを歓喜の渦へと巻き込む。


Disk_jockey

【wada-J groovin' PROFILE】

キャリアは1999年12月、帯広の繁華街でギター片手に路上ライヴというスタンスから始まる。
その後、technoの出逢いに衝撃を受け、初任給でターンテーブルを購入。
2004年にnome@obihiroにて、DJとしてのキャリアをスタート。直後にDJ TSUYOSHI、HAYATOの主宰する『DUSTDAYS』に加入。オーガナイズをサポートする。 2005年にはRei Harakamiとの共演を果たす。
札幌ではHiroki Esashika、DJ TANAKAと共にPlastic Theater『ORANGE』のレギュラーDJとして札幌のテクノシーンを牽引。合せてClub Ghetto、Morrow ZoneなどでゲストDJを経験。
2007年、異動のため帯広に帰郷。daihachisoukoでのレギュラーDJを中心に活動。その後も帯広と札幌のパーティーに参戦し続ける。
2009年からはThe Hakataの不定期イベント『MUZIKA』のレギュラーDJ、他『FLY』『Re:mikus』のスポット参戦、そして2010年より『HOME』のレジデントDJとして活動。2011年10月からはBalearic Style Event『UNREAL』を主宰する。
その底抜けの明るさと裏腹のdarkでcrazyな選曲を通してFeel So Excellence Noiseの信念を積極的に伝え続けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/24

party infomation of June→July

どーも、パソコンの調子が相変わらず悪いながらも起動する事に時間がかかり、その起動している間にムカついて結局寝てしまう、いわゆる筆不精、いやっ筆武将ことwada-J groovin'です。

先週は暦に合わない3連休ですた。

1日目は職場の同僚とちょっとした秘境に行ってザリガニパーティーをするちょっとしたフィンランドの風を味わって参り、その夜のInnocence@clubafroにて卒業以来の高校の同級生に再会する素敵なサプライズを味わうと言う充実した一日でした。

2日目は某mos氏と某Nosaka氏と諸々とリサイクルショップ巡り&メシに行って参りました。

3日目は家で干物になっておりました。最高です。家でネットと音楽と読書と学習に時間を当てました。

マジで最高ですた。

ということで、今月と来月のオレです。

まずは…

0625a6

[HOME]
DATE:25 JUNE 2011 (SAT) 23:00
VENUE:CLUB AFRO(西2条南10丁目WEST210 4F)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:w/f1,000YEN Door1,500YEN
DJs:HIRO,Nosaka,wada-J groovin'

先月はKITAMIで活動を続けるCHANさんでございました。

たくさんお集まりいただき本当に感謝!

今回は、NOSAKA氏の師匠的存在のHIROさんがゲストであります。

しかも、technoのオレがhouseをプレイします。

魂を売ったわけではありません。うん。いや、え…いや、ち、違うんだ。

ちょっと冒険したいだけなんだよ!!!

おい、ダメかコラッええっ??!!←蝶野っぽくしてみました。

いやいや、もともとHOMEはHouse party。

オレもちょっとプレイの幅を広げなきゃね。

ってので、なかなか見られないhouse play、是非ご来場いただければと思いますです。

で、7月3日は夕方は予定を空けておいてください。

マジで豪華であります。

Img_2984

[Lentamente~ユックリシタヒトトキヲ~]
DATE:3 JULY 2011 (SUN) 15:00
VENUE:CLUB AFRO(西2条南10丁目WEST210 4F)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,000YEN
DJs:POGI,Qaz,Taki,Shu-go,Nosaka,wada-J groovin'

このメンツ、nome→daihachisoukoのレギュラーにwith Home crewという帯広クラブシーンの融合でありますよ~☆

しかも、みなさま大体お休みである日曜日の昼下がり。

Sunday afternoon!!

ちょっと違う角度からのクラブミュージックの提案である。

正直、クラブって怖い空間だと思うでしょう?

知らない音楽ばかりで不安に思っているでしょう??

なんかオカしい連中の集うイベントだと思うでしょう???

否!!

ホントね、そういうステレオタイプが蔓延してしまうのは仕方ないと思う。

だって、クラブという文化がメディアを通すと世間ではどうしてもそういうイメージが付きまとってしまう。

某ノリピーとかあーいうのがyoutubeで映像として普通の感覚の人達が観るとそういうように映ってしまうのは当然だと思う。

だけど、僕らはそうじゃないんですよって。

そうじゃなくって、クラブという箱にはダンスミュージックという音があって、美味しいお酒があって、そして様々な人たちとの出会いがある事を伝えたい。

純粋にそういうクラブの良さというのを伝えたいし、オレはそういう法に触れるようなものは決して許さない。

じゃないとクラブという素晴らしい文化に人は足を踏み入れないよね。

日曜日、夕方。みんなが来やすい時間。

サザエさん症候群なんて言って、サザエさんのエンディングを聴いて明日からの仕事に憂鬱の気持ちになるのは充分分かる。

そんな日曜日は、非日常的なシチュエーションで音楽に塗れながら酒を呑むなんて、ちょっとした贅沢でいいと思いませんか?

当日はちょっとしたDJ陣の持ち寄り料理なんかも出そうと思っています。

ちなみに、オレは牛すじの煮込みを作っていこうと思っているのだ。

オレおすすめの純米吟醸が500円で味わえるというオサーンな休日www

How do you like Lentamente??

自分が携わるパーティーについては色んな人達が遊びやすいものにしていきたいと思う。

そんなHOMEとLentamente、是非足を運んでください。

ヨロシク!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/06

5月5日、晴れ。

昨日のHOMEに御来場の皆様、本当にありがとう!

今月2度目のHOME(5/28)にゲストで出演されるCHAN氏がまさかのサプライズ来場という中、ちょっとキャッチーにやってしまいました。反省。

最後のRyutaraw君とTiz君のBack 2 Backがとても良かったです。

あ、NOSAKA氏のやさぐれJAZZZZZZZZ(笑)からのガッチガチのセメントテクノも素晴らしかった。

要は素晴らしいパーティーでした。

お疲れ様でした。。。

パーティー明け、外がすっかり明るくって気持ちの良い朝でございました。

このパーティー明けの帯広の街の中の白んだ空気がとても好き。

札幌の時もパーティーのラストから帰る閑散とした路上と空のコントラストがとても叙情的で

つい8時間前までは人混みでゴッタ返していたのに、祭りの後の様なそんな風景がとてもたまらないのです。

そして、頭ん中はBorder community系の叙情的サウンドが脳内で駆け巡ってしまう。

で、盟友mosbeat君が当日が誕生日ってことで、オレからはダンディズム溢れるオモチャのカンヅメをプレゼントし、party crewや友人達からのbirthday cardを手渡したのでした。

mos氏、誕生日おめでとうな!

そんな昨日の話。

しかし、partyは続くのです。。。

O0800056611168403807

[VINYL SURVIVAL]
DATE:6 MAY 2011 (FRI) 21:00-5:00
VENUE:maniac(西1条南9丁目)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,500yen(1drink)
Guest DJs:Toshiyuki Goto
DJs:SOGABE,NOSAKA(HOME),wada-J groovin'(HOME)
Techno,House,D&B,DUB etc...set

DATE:7 MAY 2011 (SAT) 21:00-5:00
VENUE:maniac(西1条南9丁目)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,500yen(1drink)
Guest DJs:Toshiyuki Goto
DJs:SOGABE,Ryutaraw
Disco Classics Set

Toshiyuki_goto

[Toshiyuki Goto profile]
80年代後期より、都内各クラブでDJ活動をスタートさせる。91年に突如単身渡米する。 そして 94-96年の間、Party "Acme Disco"(NY)のDJとして活躍。同時に楽曲制作も積極的に行い、 ジャズキーボーディスト菊池雅章氏とのコラボレーションユニット MATO名義での"Tribe" "Drifting"(Wave music)で 96年の衝撃的なワールドビッグヒットを放ち本格的に制作活動をスタート。 ‘02年にはToshiyuki Goto名義として初のフルアルバム "Two-Way Traffic"--カッティングエッジ--を発表。その後 も"progressive funk "--カッティングエッジ--、"Travels with Flowers Plus+"--Flower Records--の2タイトルのMix CD、 藤原ヒロシとの共同プロデュースによるシングル"Away Dub" (CRUE- LRECORDS)をリリースし、 コアなダンスミュージックフリークより支持を受ける。
そして’07年には2nd アルバム"No Illusion"-リズムゾーン-を発表。また DJとしても03年春より活動拠点をNYCより日本に移し、西麻布YELLOW"Voyage"、代官山AIR"The Garden"などでレギュラーパーティーを展開。 また日本国内のみならず、ヨーロッパツアーや最近ではcielo(US/nyc)、CLUB SHELTER (US/nyc)などにもメインアクトとして招かれるなど、 海外でも精力的にプレイを行っている

そう、partyは続きます。。。

ちなみに2009年5月24日のHEINEKEN NIGHT以来のToshiyuki Goto!

前回はこんな感じでした。

最高にHAPPYなPartyでした☆

ラッキーな事に共演させてもらえるという事なので、ガチで楽しもうと思っております。

クラブが好きな方は勿論、音楽が好きな方は是非!!!!

で、先ほど申し上げたCHAN氏がゲストのHOMEはこちら!

Home528

[HOME]
DATE:28 MAY 2011 (SAT) 23:00-5:00
VENUE:club afro(西2条南10丁目WEST210 3F)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:w/f1,000YEN,door1,500YEN
Guest DJs:CHAN(HYBRID)
DJs:Nosaka,wada-J groovin'

ドdeepなパーティーになってしまうこと必至!!

この日は予定空けといてくれよ☆

さー、明日何かけよっかな~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/02

永遠も半ばを過ぎて

永遠という名のGWも半ばを過ぎて、しかしながらこの所毎日がパーティーのようなwada-Jです。

大学時代の夏休みのようである。

あ、タイトルは中島らも氏の名作から取ってみた。

リリパットアーミー!!

とりあえずは先週の告知をもう一度。

Img_7678

[HOME]
DATE:4 MAY 2011 (WED) 22:00
VENUE:CLUB AFRO(西2条南10丁目WEST210 4F)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,000yen
DJs:Tiz(BURAS),Ryutaraw,Nosaka,wada-J groovin'

で、次は東京クラブシーンの最重要人物Toshiyuki Gotoをゲストに迎えての2days@maniac。

1日目にNosaka氏とオレが参戦決定!!

O0800056611168403807

[VINYL SURVIVAL]
DATE:6 MAY 2011 (FRI) 21:00-5:00
VENUE:maniac(西1条南9丁目)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,500yen(1drink)
Guest DJs:Toshiyuki Goto
DJs:SOGABE,NOSAKA(HOME),wada-J groovin'(HOME)
Techno,House,D&B,DUB etc...set

DATE:7 MAY 2011 (SAT) 21:00-5:00
VENUE:maniac(西1条南9丁目)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,500yen(1drink)
Guest DJs:Toshiyuki Goto
DJs:SOGABE,Ryutaraw
Disco Classics Set

7日は4日のHOMEでもプレイするRyutaraw君が参戦と、帯広のバイブスを色濃く反映されたパーティーになる事間違いなしでござーます。

この2daysはマジでヤバいので必ずチェックしておくように。。。

で、話は変わるがアレだよアレ。

Ikki

いっき。

いっきと言えば一人でいっき。

弟が居れば二人でいっき。

悪代官相手に一人で勝手に一揆を起こしてしまうまさに無謀の民。

Lanbo

ほとんどランボーとやっていることは変わりまへん。

そのいっきが去年PS3でオンラインになっているとは…

Ikki_2

恐るべしSUNSOFT。

Ikki_online_cast

あのキャストもこんなに進化するだなんて号泣モノdeath。

んで、早速ダウンロードしようと思ったのだが、サインインできず。

むっ

むむっ・・・!!

不正アクセスの影響でしばらくオンラインは停止だとォ?!

Kusokuso

PS3にクラッカーヴォレイでも喰らわそうと思いましたが、今年の8月で29歳になることを考えて冷静になりました。

SONYにはソニータイマーの他にオンラインでゲームが手に入れる使用になっているだなんて初めて知りました。

しかし、ダウンロードしてゲームが出来るだなんて、やってることは

Sateraview

サテラビュー(夢の機械)と一緒だよね。

まぁ、サテラビューって言いたかっただけなのだが。

本日、マニアックでDeepでDopeなラウンジDJやります~。

お暇な方達は是非☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/21

party schedule

GWまであと僅かですな。

とりあえずはこのクソ忙しい年度末と年度始めを乗り切ったオレによく頑張ったと言ってあげたい。フフフ…。

本当であれば、東京の大田区蒲田に引っ越してしまった親友夫婦のトコに遊びに行ってクラブ三昧してこようと思っていたのだが、この未曾有の大惨事でございますので、しばらくは帯広で過ごそうと思っていますです。。。

で、当然パーティーもあるワケで、これを非常に楽しみにしておるのでござるよ。おろ~。

まずは先週もお伝えしたコレです!

423f_2

[HOME]
DATE:23 APRIL 2011 (SAT) 22:00
VENUE:CLUB AFRO(西2条南10丁目WEST210 4F)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:W/FLYER 1,500yen(1drink) DOOR 1,500yen
Guest DJs:SOGABE(nome office),POGI
DJs:NOSAKA,wada-J groovin'

nome office総帥SOGABE御大が遂にHOMEに!

マッコリおじさんPOGI氏もゲストで参戦!

もうこの2人はnome→daihachisouko→maniacという帯広のクラブシーンを第一線で走り続ける漢(ますらを)であり、オレがDJとしてのキャリアをスタートした2004年から今に至るまで、本当にお世話になってる良き大先輩であります。

こりゃね、いいパーティーにナルヨ~。

んで、GW中にもHOMEをもう一つやります!

Img_7678

[HOME]
DATE:4 MAY 2011 (WED) 22:00
VENUE:CLUB AFRO(西2条南10丁目WEST210 4F)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,000yen
DJs:Tiz(BURAS),Ryutaraw,Nosaka,wada-J groovin'

水曜日ですから、ポスターデザインを水曜どうでしょう風にしたというNosaka氏。

うん、力作でございます。

オレが美術の教員ならば花マルをあげくなる素晴らしいデザインであります。

3月のHOMEにも参加したRyutaraw君に加え、Burasのトラックメイカーとして、InnocenceのDJとしても日々邁進し続けるTiz君を迎えてのHOME!

Tiz君とKIYOTO君のBuras、もし知らない人が居たら是非チェックしてくれ!

これも楽しみなイベントになること間違いなしであります☆

また、5月の第4土曜日にもHOMEはあるのだが、これは追々アップしていく事にするよ。

んで、GWのラストを飾るビッグイベントが入って参りました。。。

O0800056611168403807

なんとToshiyuki Goto氏、来帯!!!

しかも2days☆

[VINYL SURVIVAL]
DATE:6 MAY 2011 (FRI) 21:00-5:00
VENUE:maniac(西1条南9丁目)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,500yen(1drink)
Guest DJs:Toshiyuki Goto
DJs:SOGABE and more
Techno,House,D&B,DUB etc...set

DATE:7 MAY 2011 (SAT) 21:00-5:00
VENUE:maniac(西1条南9丁目)
CITY:OBIHIRO,HOKKAIDO,JAPAN
FEE:1,500yen(1drink)
Guest DJs:Toshiyuki Goto
DJs:SOGABE and more
Disco Classics Set

東京のクラブシーンを常にリードし続けるToshiyuki Goto。

その選曲たるや

The_world_end_super_nova

ザ・ワールド!!

あっ、間違った!!

The_world

ザ・ワールド!!

そう、時が止まればいいのにと思うその刹那。

非日常的亜空間を彩る選曲の数々。

Akuukansappou

そういや亜空間殺法と言えば故・安藤満プロ。

まぁ、北見や旭川にも遊びに行こうと思っているので、今年のGWも忙しくて楽しみだと言う事で。

とにかく、肝臓を癒すために今日は呑まないこととする。

さあ、明日も仕事を頑張ろうではないか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/23

summer vacation 2010 RSR編~一日目③~

パソコンが遂にイカれたのである。

購入から早4年、2年目にマザーボードの交換を余儀なくされてしまったこのパソコンだったが、またしても挫折の道を辿るとは…

またヤーマダ電機に持っていかねばならんのか。

しかもオレの8GのSDカードが無い!

どこいった~!

RSRの画像がたんまり入っているのにこれじゃup出来ないじゃないか!!

photo無しでupしますことをゆるしてくれ。

ということで前回のあらすじを動画でドゾー

ちなみに、アラブ版のスラムダンクOPでした。

-----------------------------

腹が減ったのでメシ。

去年も食べた雅のメーランは今年も旨かった。

店舗で食べると煮たまごがつくのだが、RSRでは付かないのが残念。

けれど旨かったなぁ。

腹ごしらえの後はLove psychedelicoを愉しむ。

Love psychedelicoは夏フェスに最高に合う!!

バターと醤油並みに相性抜群!

学生時代、免許取りたてホヤホヤでさ、初の車デートでかけてたCDがLove psychedelicoだった。

その前までKreft werkとかPink floyd濃いヤツばっか車で聴いていたのにね。

少しずつ西日に差し掛かる中、爽やかな潮風とともにラヴサイケデリコは気持ち良かった。

ってか、セットがオレでも知ってる曲多くて嬉しかったなぁ。

途中のマイルドヘブンでちょっと休憩しているとヘブンスタッフに声をかけられる。

そんな時に隣にいたアキノリ君と意気投合。

なんとまぁ川崎から石狩に来たんだとなぁ。

彼とその友達のマドカちゃんと3人でOverground Acoustic Undergroundを観る。

OAUもボヘミアンも初めてなのだが、ボーカルの外人よう喋る!

メッチャカッコいくて観れて良かった!

ファーック!ファーック!なんて気持ち良く酔っ払っていると、肩をトントンと叩かれる。

職場の同僚でしたwww

「声聞こえてもしかしたら…と思ったらやっぱりそうでしたね!」

爆音のライブ中さえも聞こえるオレの声って一体…

ここは途中で切り上げてROVO!!

コレはマジでヤバかった!!

コレは観て良かった!!!!

DJ YOGURTとも絡みのあるROVO、デトロイトの美しい旋律もありーの攻撃的なテクノもありーの最高!

もうね、この時点で結構飲んでいたので詳細は憶えていないのよ。

で、2人と別れて一度テントへ。

ぶらぶらぶらりんこと飲みながら寄り道がてらテントに戻るのでした。

つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/09/08

summer vacation 2010 RSR編~一日目②~

○前回のあらすじ
テント村の住人達と合流したwada-J一行は、RSR2010に参戦するため開場を待機中。

しかし、そこに現れた謎の人造人間18号(ジャイアント白田似)に周囲の人々は次々と吸収されてしまうのであった。

必死に攻撃を交わして応戦するwada-Jだが、遂に人造人間18号に追い詰められてしまう。

窮地の中、落ちていた傘を手にして放ったのは、捨て身の天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)だった!!

果して無事にテントを張る事が出来るのか?!そして、ウエスの運命は…?!

まースゴかったんですよ。

Dscf3293

もうね、水田ですよ。水田。

044_91293888

水田章雄(福岡ソフトバンクホークス一筋)じゃないよ。

32

あ、水田圭介(元西武ライオンズ・現阪神タイガース)でもないよ。

それでもスタッフが徹夜で頑張ってくれてたんだろうなぁという功績の跡がたくさん残っているのよ。

ありがたさと歩き辛さを噛み締めつつ向かうはヒグマというテントエリア。

十字路はちょっとした沼。

まさにインスタント沼。

しかしながら、村長のおかげで陣地はギリギリ乾いていてセーフですた。

とにかく暑い。

インパール作戦?

バターン死の行進??

ちょうど65年前の英霊達には遠く及ばないが、直射による脱水は続く。

到着してターフを立てて、テントを2つ立てる。

6名居ると早い!!

その後デスヨ、お楽しみは。

Dscf3312

YEAAAAAAAAAAAAAAAAAH!!!!

この太陽が照り続ける中飲むビール…みんなで乾杯した後一気に飲み干したが、今まで飲んだビールの中で一番旨かったと思う。

旨いビールを飲む為には、一番はシチュエーションであることが分かったのである。

原料や材料は勿論だが、シチュエーションなのだ。

泥濘で裸足にサンダルのオレは足がズボズボと埋まる状況下、各地の水たまりで足を洗っていました。

暑いもんだからさ、水たまりもちょっとした温水プールくらいの温度なんだよね。

Dscf3313

一発目はCOCCOを観ようかと思っていたが、この路面の悪さなモンで、移動距離の少ないチャットモンチー(Earth Tent)へ。

そのチャットモンチーにかなりの人が。

オレが唯一知っているグリラを聴きながら物販を購入してました。

グリラが終わった後、まだライヴ終わっていないのにゾロゾロと会場から人が流れて行ってなんか同情してしまったよ。

ファーストアクトが終わって物販をゲットしたオレは次なる目的地であるMoon Circusへと向かうのであった。

つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/09/06

summer vacation 2010 RSR編~一日目①~

どうも、おつかれサマーオブラヴ。

ブログをいつでも報知新聞。

なんでこんなポヤンジギャグを連発しているのか?

そう、ついに28歳になってしまったからなのよ~。

28歳…迎えたのは毎年の石狩湾新港・樽川埠頭。

Rsr2010

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010!!

っつーことで、残暑も厳しい今日この頃だが、この夏を振り返って行こうじゃないか。

しかも、しばらくブログを書いていなかったので、小出し小出しで2日に1度更新を続けていこうと思う。

このブログ、一応有料だから少しは元取らないとね~←広告出るのがイヤなの。

今回が3年連続7回目の出場となったRSR。

ちなみに第81回都市対抗野球大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)に出場する東邦ガス(名古屋市)も同じく3年連続7回目の出場。

強豪と肩を並べたぜ、おい。

石狩にゃ前日入り。

Dscf3292

途中で久しぶりの銀波露(江別)でラメーンを頂く。

あんなに店の中臭かったっけ?

ラメーンくえたもんじゃねぇと少し残す。

一日目となった8/13は会場に7時着。

こんなに早く開場に来たのは初めてである。

駐車場もかなり近い位置!!

まったりと会場に向かうと途中でSENPAIに遭遇!!

オハーイ!!とハイタッチ&前日の台風で水田のような状況であることを教えてもらう。

SENPAIに最敬礼!!

前年テント村を一緒にやった相棒の高校時代の同級生であるヨージとちょうど一年振りに会う。

いやー彼はね、マジでナイスガイなのよ。

Biff

オレがこよなく愛するBack to the futureのBiffに似てるっていうか本人だろうと思うくらい似てるヤツで、オレが

BTTFを愛する以上に彼は音楽を愛している。

アツい漢!!

進む途中で我らがテント村の村長であるKODA村長、ヨージの高校の同級生であるにしやん&彼女が到着。

スゲェ荷物を道東の某所から一人で用意して来たという村長と横浜からやってきたにしやん&彼女に驚きさぁ。

荷物をスムーズに運ぶ我ら一行だが、ようやく並びの状況に。

台風一過の後は暑いっていうけれど、本当に暑い。

っていうか、日差しが痛い。

Dscf3295

南中に向かうごとに直射になるというちょっとした太陽のドSっぷりにムカつきつつ、オレはタンクトップで耐えるドMっぷり。

ええ、スゲェ焼けましたとも。こんがりどころじゃなく焦げました。

人類の知恵も見つけました。

Radioflyerwagon

RADIO FLYER!!

99c99968

深夜の通販チックな会話をしながら11時突入。

Dscf3300

開場である。

チケットをもぎってリストバンドを装着した瞬間、この3日間は全てを忘れて音楽と酒に溺れるのだというココロのスイッチを入れるのである。

毎年の事。

これがあるからRSRは辞められない。

が、

僕らの目の前に広がる会場は、地獄絵図だったのである。

そう、僕らの行く先に阻むのは…

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/01

VIVA!! RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010!!!

さあこの季節に入りました。

ライジングサン!

また新たな気持ちで楽しみたいと思う所存でございます。

さてさて、本題にHighLow。

今年のRSRはマジで

ヤヴァい。

まずは13日!

Vip1038081

○聖鬼魔Ⅱ(13日@SUNSTAGE)

好角家にとって今の相撲協会の腐敗振りを見て居てもたってもいられなかったのでしょう。

Maxihor

○マキシマムザホルモン(13日@EARTHTENT)

腹ペコのオレにとって去年はホルモン参戦を当日まで願っていたのである。

今年、ナヲ姉さんの授乳タイムとかありそうで怖い。

Dj_nobu

○HOUSE OF LIQUID(13日@MOONCIRCUS)

オイ、DJ NOBUが来るぞ!

DJ NOBUZAMURAIじゃねーぞ。

NOBUだぞ!!

Mukai

○向井秀徳アコースティック&エレクトリック(13日@BOHEMIANGARDEN)

向井さんはめん三郎の赤味噌ラーメンが好きなのねwww

ちなみにめん三郎は我が親友首領ちゃん宅から歩いて数分です。

そして14日

Boomboomsatellites

○BOOM BOOM SATELLITES(14日@SUNSTAGE)

BLAVIAさんもヘロンさんもいいけれど、やっぱりBOOM BOOM SATELLITESデスヨ!

斎藤和義もいいけどね。

Akihiro_namba

○難波章浩-AKIHIRO NAMBA-(14日@EARTHTENT)

難波が来るとKEN YOKOYAMAは来ない…ツネなんか尚更。

まだ軋轢があるのか?

とりあえず、最近の難波のソロはカッコイイよね。

○ZAZEN BOYS(14日@REDSTARFIELD)

ネオプログレッシヴロックと勝手に分類させてもらっているZAZEN BOYZ。

変調に次ぐ変調、JAM STYLE。

とにかくカッコよすぎる。

ブッ飛んでる。

Yanokami

○yanokami(14日@MOONCIRCUS)

harakamiさん、去年会えなかった分今年は楽しみにしています。

久しぶりのyanokami、癒されたい!!

本当に癒されたい!!!!

Dede_mouse

○DE DE MOUSE(14日@MOONCIRCUS)

おいおい、DE DE MOUSEだよ!

今年のMOONCIRCUSはマジでヤヴァいよ。

2日目はほとんどMOONCIRCUSから動きません。

16日は職場の健康診断だけれど、オレだけ日程ずらしました。

Dscf2961

3年連続7回目のRSR☆

今年も最高の石狩にしようじゃないか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧