2005/03/11

シリーズ『俺の原点』① Deeppurple "Made in japan"

B000005RU2.01.LZZZZZZZ
今日はテクノじゃありません。
原点に戻ろうとちょっとだけ思い、記事にしました。
『電子音楽を研究するのだからハードロックはちょっと』・・・と敬遠される方もいらっしゃるのは明白。
だけど素晴らしいの。
オレの尺度かも知れないけれど、ホントに素晴らしく、オレの人生に多大なる影響を与えた音楽をちょこっとずつ
小出し小出しに今後も出して行きたいと思います。
素晴らしい音楽は何時聴いてもホント素晴らしい。
10年たっても100年経っても変わらない。
そんな永久不変なオレセレクトを今後もちょこっとずつお送りしますよコノヤロー。

オレの音楽に対する原点

それはみんな驚くが『王様』である。


王様』??

いやぁ、分かる人には分かるさ。

当時オレが中学一年生の時、つまり今から10年前の95年。

そうだなぁ、みんなB'zとかTRFとかGLAYとか聴いていてね、オレ全然グッてくるものが無かったの。

それで夏に偶然north waveでかかったdeeppurpleの『Highway ster』が凄く衝撃的で、血管切れそうになった。
ホントに。
んで2~3カ月くらいしてからクラスで流行った音楽

それが王様のデビュー曲である『深紫伝説』なのである。

もうね、メドレーなので全てが凝縮していて最高だった☆

それで熱狂!!今でもカラオケで歌ったりするwww

帰りの会あとの掃除で毎度ホウキを持ってタイガージェットシン並の奇襲攻撃を友達に仕掛けるオレがsmoke on the waterとかやっちゃうくらいなので相当の影響ッ・・・。。。

それから出会ったのがmade in japanなのである。

deeppurpleと言えばハードロック。
Ritchie blackmoreの華麗な早弾き
John Lordの歪みまくりでテクニカルなハモンドオルガン
Ian Gillanの魂の叫び
Ian Paiceの縁の下の力持ち的な激しいドラムワーク
Roger Cloverの地味ながらもメロディアスなベース

これ、日本でのライヴを収録したものなんだけれど、プレイも凄いんだけれど何よりも構成が良い!!
こんなの聴いちゃうと、巷にワンサカいたビジュアル系とか商業ロックとかは聴く気がしなかったね。
それは今もそうだけれど。


とにかく


第2期Deeppurpleは最強

である。。。


オススメは一曲目の『Highway star』の冒頭、John Lordのハモンド。良いですね~。んで、同じく『Highway~』でのRitchie Blackmoreのギターソロと、その最中のIan Paiceのパンパンパカパン言わしているヘビーなドラムが最高っす☆

そうそう、Ian Paiceと言えば、いつだったか忘れちゃったけれどPaul McCartneyのライヴでドラム叩いてたんだよなぁ。ガマガエルのような風貌でもやっぱり激しいドラムは健在で、なんかとっても嬉しかったのを憶えてる。

高度経済成長期に青春を過ごしたものには懐かしく、バブル崩壊後の日本経済超氷河期に青春を過ごした我らにはとっても新しい一枚だと思います。


やっぱ名曲は何時聴いても名曲だねぇ。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)