« party infomation of June→July | トップページ | HOME-THE FINAL- »

2011/07/30

レッドカーブの思い出

レイ・ハラカミさんが亡くなった。

sublimeにもYamahaの公式でも発表された。

享年40歳、脳出血。

あまりにも早すぎる死。

去年のRSR2011でyanokami(矢野顕子+rei harakami)で観たのが最後になってしまった。

ちょうど28日の夕方、大通公園のビアガーデンで職場の仲間達と呑んでいる時、Twetterを見たらツイートされていた。

もうそうなったら酒で悲しみを流すしかないわけで、だけどそんな時でもビールの旨さは否定できなくてもどかしい気持ちになりながらの一日だった。

そのあとすぐにdustdaysのDJ TSUYOSHI兄に電話して、互いに悲報を悲しんだ。

そう、ハラカミさんはdustdaysに加入したばかりのオレにとって初めて共演したアーティスト。

忘れもしない2005年12月30日。。。

Photo

楽曲と同じように繊細で気難しい人なのかと思いきや、とても気さくでお酒が大好きで豪放磊落な方で。

マシンガントークでメチャメチャ面白くて天才的な方で。

前日からの帯広入りだったんだけれど、オレがセレクトしたお店を喜んでいただいてとても嬉しかったもんだ。

そんなハラカミさんの旧ブログに帯広での行脚についてまだ残っていたのでリンクしておく。

reiharakami"ちょっと遡って帯広帝国訪問報告"

当日のパーティー自体もとても盛り上がって、オレ自身も重責の一端を担っていたんだけれど、party crewとしての役割の大切さやオーガナイズの素晴らしさを学んだ素晴らしい3日間だった。

ホント、今もこうやって思い返して見てもあのパーティーは自分のキャリアの中でも大きいモンで、今もそれが生きていると思う。

たった一度招聘した地方の一介のDJなのに、次の年のRising sun rock festivalでは電話も頂いたり、ハラカミさんの優しい人柄と粋な人柄を改めて感じたのを憶えている。

次の日は元ロッテの伊良部が自殺という衝撃的なニュースも飛び込むし、ちょっと前ならKAGAMIやNujabes・・・本当に世界に誇れる日本のトラックメイカーが夭逝していくことが残念でならない。

C0017702_16221829

ありがとう、rei harakami。

僕らがそっちに逝く頃はかなり時間は経つかも知れませんが、その時はまた帯広に呼ばせてください。

合掌。そして、感謝。

そして、告知です。

[HOME]
DATE:27 August 2011 (SAT) 23:00
VENUE:club afro
CITY:OBIHIRO HOKKAIDO.JAPAN
FEE:unknown
Guest DJ's
TANAKA(orange)
TAKASUKE(THE HAKATA)
DJ's
wada-J groovin'

Homeはこの日をもって活動を中止ということで、とにかくフィナーレをみんなで迎えたいと思います。

マジでみんな来てくれよな!!

|

« party infomation of June→July | トップページ | HOME-THE FINAL- »

コメント

お若いのに残念です。
帯広のレイ・ハラカミ行きましたよ。
天竺にも来ていただきました。
最近亡くなる方が俺より年下なので悲しいです。
これからはwada-Jが盛り上げていってください。ピース!

投稿: 天竺16 | 2011/07/31 00:01

>イチロウさん
北海道と言えばスープカレーってことで、イチロウさんの天竺カリーを食べてもらったんですよね。
旨さに感激していて、あの時の顔がホントに忘れられないです。
あの時の御来場もありがとうございました(笑)
テクノ界は寂しくなるなぁ。。。

投稿: wada-J groovin' | 2011/07/31 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35087/52347960

この記事へのトラックバック一覧です: レッドカーブの思い出:

« party infomation of June→July | トップページ | HOME-THE FINAL- »