« 僕の恩師の挑戦。 | トップページ | party infomation of June→July »

2011/06/10

人はそれぞれ。だけどね。

花粉症の影響で、この一ヶ月はもうグダグダ。

メンタマはかいーわ、クシャミは止まらんわで本気(立原ひろみワールドては本気と書いてマジと読む)でサナダムシを腹に飼おうかと思ったwada-Jです。こんばむわ。

なんかさー、やっぱり震災は今でも現在進行形でさぁ。

原発を止めろだのたくさん日本国内でも声が上がっていたり、そういうシュプレヒコールが上がることはとても良い事だと思うワケですよ。

で、未だに仮設住宅にすら住めない人達がたくさんいて、本当に不自由な暮らしを強いられている被災者達が大多数なわけで。

例えば、新車を買いますよってなっても納期は半年後とか。

例えば、家を建てている途中の人が居ても建材がまだ滞っていて目処が立ちませんよとか。←実際、建材についてはかなりカバーされるようになってきているが。

それどころか、震災地で建設中または新築の家が全壊しちゃったりとか。

今でも避難所で暮らしている人々とか。

そういう人達を

もう皆様、忘れていませんか?

と感じてしまうのはオレだけでしょうか?

それは、某アイドルグループの総選挙とか。

オレはかなりイライラしてしまった。

んなアイドルの定位置とか、正直どうでもいいんです。

オレの大好きなプロ野球、我が千葉ロッテマリーンズ。

正直、今年は成績も散々なのもあるけれどどうでもいい。

要は国民一人一人がこの大震災にちゃんと向き合えているのかという事。

被災していない自分とかは、客観視できてしまうからどうしても気にしてしまう。

あの3.11の未曾有の大震災。

あれからもう3カ月が経とうとしているけれど、勿論経済が活性化するためには自粛なんてとんでもない話なワケで。

被災した人達が『自粛なんてしないでください』と言ってくれたのはとても有難い話で。

だけど、『震災を忘れてくれ』とは誰も言っていないワケで。(キタの国から風)

原発の問題、政治の問題、どっちもとても大切な問題だらけ。

しかし、被災地の声のレポートがとても少ない。

今、どの地区で被災者はどのように暮らしているとか、仮設住宅にどれくらいの人数が生活できているとか。

直接の声はそのまま今の後手後手で救国すらできないクソ内閣にくれてやればいい。

ただ、原発事故の時もそうだったように、明確な数値を明らかにしてくれるメディアがほぼ皆無だ。

それは、内閣擁護が働いているかもしれないと思われて当然だよ。

だって、あんだけ当時の麻生首相が漢字を読み違えただけで非難轟々のネガティヴキャンペーンを行ってきたんだから。

メディアが国民を煽動して新しい国を立ち上げたと言っても過言じゃない。

ただ、被災地の人達が何を望んでいるのかを考えてほしい。

それは、今の現状から逃れたい救いなんだと思う。

今まで平和に暮らしていたのに突如襲った大地震と未曾有の大津波。

あんなに離れている帯広にだってその相当な揺れを感じたもの。

オレはこうやってビールを呑んで音楽聴いて、何不自由ない暮らしが出来ているけれど、被災地の人達は未だに不自由な暮らしの中で不安な日々を過ごしている。

そんな中で、自分たちに出来る事は限られているし、とても無力であることを痛感している。

原発を止めろとかなんとか。

この声を上げる事は良いのだけれど、じゃあ止めた後にカバー出来る電力はどこから来るの?とか

声を上げる人達はそこまでいかない。

その分の電力は使いません、と言っても個人レベルでの節電なんて本当に微々たるもの。

自家発電ったって化石燃料で発電するんだから温室効果ガスはウナギ登りに増加するんですよ。

バイオディーゼルがどんどん進化しているので大丈夫なんて言うけれど、それの原料である穀物の高騰化で飢えに苦しんでいる人達はたくさんいるのだ。

しかも、カーボンニュートラルでCO2はプラマイゼロとか、正直全然信用になるレベルじゃないし。

日本が輸入しようとしているマレーシアやインドネシアじゃバイオディーゼルの原料になるパームの生産のために森林破壊して畑を作っているし。

んで焼畑農業だから根本的な解決には至っていないんだよね。

今たくさん叫ばれている太陽光発電だって、作るコストに見合うだけのエネルギーを供給できるかなんか本当に微妙。

微々たるものかもしれないが、風力発電と地熱発電くらいしかやるべきものを見出せない。

水力だってこの前までダム作ろうとしたら無駄な金使うなって大反対されたじゃないか。

だから、原発止めるのは結構だけれど、その代替エネルギーをどう工面するのかまでシュプレヒコールを挙げる人達には発言して欲しい。

本来、日本の国にはたくさんのエネルギーが今でも眠っているワケ。

北海道の北部、サハリンと今話題の尖閣諸島には石油と天然ガスがたくさん眠ってる。

メタンハイドレートって天然ガスなんかは西日本の海底にたくさん眠っているのに、あんまり着手できていない現状。

特に日本は天然ガスについては得意分野なのに。

今年、愛媛大学大学院理工学研究科のグループが、液中プラズマでメタンハイドレートを分解して水素として採取する技術を発表したそうな。

マスコミはこういう所を全く報道しないけれど、オレは本当に期待している。

こういう資源を活用する事で非原発での電力供給は進めていけるはずだと思うが、如何なものだろうか?

もちろん、CO2は発生してしまうのだが。

安易にCO2削減目標を-25%としたアホなトリ頭もいたけれど、我が国のエネルギー問題は本当に考えても考えても難しい局面にしていると思う。

農業にしたってそう。

TPPで貿易の自由化が迫られている。

これだけ滞った経済で消費は見込めない。

消費税の増税が決定されればますます冷え込むことになる。

その中で、3本で100円の中国産の長ネギと2本で198円の埼玉県産の長ネギのどっちを買うかというと半数以上は中国産の安いネギを買うだろう。

ブラジル産の鳥モモ肉100g68円と北海道産鳥モモ肉98円も同じ。

つまり、日本の金は海外にどんどん流れていく。

第二次産業にとっては技術をアピールする場になるのだからいいのかもしれない。

だけど、もし世界的に何かあった時に輸入が出来ないような事があったらどうするの?

オレは常々思っている。

自国の事は自国で守る事が大前提である、と。

それは、尖閣諸島もそうだし千島四島にしてもそう。

農業にしても勿論。

今回の震災で、大都市部じゃ食料の買い占めで大変だった。

生きるためには食料有りき、です。

今回の震災で本当に感じたのは、マクロ的な視野で国防がとても大切だということ。

そういう意味で政局がこうなるのは当たり前の事だと思う。

被災者の人達の気持ちとしてはそれどころじゃないってのも充分分かるけれど、機能していない舵取りを下野させる事は当然なんだよ。

震災後に協調介入で1ドル85円まで持ち直したけれど、昨日までは79円台。

世界中の人達が円を買っているというのは円が世界に流れて行っていること。

民主党の次期代表候補である野田財務大臣は注視しているとばかりで何もしない。

経済を鼻っから回すつもりは無いらしい。

どうなっちゃうんだろう、オレらの日本。

そういう気持ちになれば子ども達を不幸にさせたくない気持ちから出生率が下がるのは分からなくもない。

産業も国民も全てがリンクして日本という国があるのだから、その舵取りは強力なリーダーシップを発揮して頂きたいモンです。

あー、酔っぱらって本当にグダグダな文章になったわ~。

ただ、オレが今こういう風に思っているってだけなんで、語弊を産んだならゴメンよ。

ホントに一人の意見ってだけだから。

やっぱり、日本という國が好きなんよ。

オレ達のの先祖が守ってくれたこの日本という國を、自分たちの世代がどうすべきか考えたらやっぱりこう書いちゃうんだよな。

あ、不快に思う人が居たら消します。

炎上とかイヤなんでね(涙)

|

« 僕の恩師の挑戦。 | トップページ | party infomation of June→July »

コメント

http://www.ustream.tv/channel/cheersradio825
映画監督の
長沼里奈 出てるぜ

投稿: みぞっち | 2011/06/15 12:36

>みぞっち
ごめん!今見た(涙)
長沼氏のメガネっ娘具合も最高に好きだったのですが、あの当時にオレがしたい事を同世代で体現していた彼女に対して心から尊敬と敬愛、そしてちょっとした嫉妬をしたものでした。。。
自分は自分の身の丈で出来る事を考えなければならないのでしょうが、それを越えるようなグルーヴを作りたいという気持ちというのはちょっとした理想であり、目標なのかもしれませんね。
それを平然とやってのけるミゾッチはあの頃と変わらずスゴいマスラヲだと思っとります。
映像庫、懐かしいですね。
ミゾッチと観に行ったのは2003年の11月でした。
もうあれから8年経つんだもんなぁ。

投稿: wada-J groovin' | 2011/06/24 00:33

世界中の人達が円を買っているというのは円が世界に流れて行っていること。

投稿: kartu kredit bca promo | 2013/06/19 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35087/51902211

この記事へのトラックバック一覧です: 人はそれぞれ。だけどね。:

« 僕の恩師の挑戦。 | トップページ | party infomation of June→July »