« pollen wars | トップページ | 人はそれぞれ。だけどね。 »

2011/05/25

僕の恩師の挑戦。

プロでも何でもないが、自分が音楽を始めて12月で7年になる。

継続は力なりとは良く言ったモンで、オカゲさまで色んな人達と出会い、絆が出来、そして今に至るワケだ。

これも音楽のオカゲである。

だから、日々音楽に感謝しつつ箱で音を流す。

こういう自己表現のキッカケになったのはどこからなのか?

辿っていくと、全てはあの日から始まる。

前も『wada-J groovin'生誕秘話』という形で紹介したが、某FM局の出会いからだった。

そのラジオパーソナリティーと言うのが、溝手孝司(以下 ミゾッチ)。

ミゾッチとの出会いはオレの人生の中でセンセーショナルそのものだった。

キレのある話術、巧みな表現、それは失礼に当たるかもしれないけれど今までの地方局ラジオパーソナリティーの枠では括り切れないものだった。

次々に繰り出される笑いのグルーヴ…オレにとってラジオがあればそれで充分すぎる原動力だった。

オレが高校2年の夏にそのラジオ局から旅立った。

マイクからペンに変え、苦労しながらもグルーヴを繋いでいく。

某北海道ウォーカーや某男の隠れ家、その他紙面を通して楽しませてもらった。

チャーザー村に転居してからもたくさんお世話になった。

こんな一介のリスナーにも呑みに連れてってくれたり、室工大への取材に同行したり、オレんちでグッチィ(その後FM軽井沢のラジオパーソナリティーになる)とミゾッチの3人でダーツやったり。

多感な10代後半から20代前半まで、今でもお世話になっている『師匠』である。

そんな彼がまたグルーヴを広げようとしている。

ポータル北海道である。

世界に北海道を発信する。

特産品やグルメ、文化…それを活字や動画を使ってアピールする。

北海道をより魅力的な物にしてくれそうな気がする気がしてならない。

ミゾッチの挑戦、オレは応援しています☆

31718904

ちなみに、北海道ポータルで売ってる余市町・清久果樹園の「佐藤錦」。

アレルギーじゃなければ絶対喰ってるよ、コレ。

メッチャ喰いたい。

-----------------------------------

余談だけれど、北海道の話題だったんでこれは書きたかった事。

正直言って北海道は日本に舐められているよ。

日本の食糧自給における北海道の役割は計り知れないのは周知の事実。

資源もたんまりとあるんだ。食料資源もエネルギー資源も。

だけれども、北海道に経済を回すだけのお金が来ない。

しかも、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で貿易の自由化が締結される寸前の所まで来ている。

北海道の存在意義とは何?

TPPが現実のものになれば、日本はどうなってしまうだろう。

GATTの時だって日本は凌いできた。

それだけじゃない、狂牛病問題の時は「やっぱり国産が安心だね」とみんな思ったはずなんだ。

つまり、280円のユッケじゃないけれど安いものにはウラがある。

だから、自分で作るものには日本の物しか使わんと決めた。20歳の時に。

しかし、自分の思想は親米保守だけれど、TPPは無理。

第一次産業があるから第二次産業があり、第二次産業があるから第三次産業があるのを忘れてはならない。

そういう意味において、日本の正義として農業の壊滅は避けなければならないのだ。←敢えてのジャスティスなんです。

もっと日本はドメスティックになるべきなのだ。

今回の未曾有の大震災、都内は勿論のこと中核都市じゃスーパーで買占めが起きたという。

食料が満足に供給できていれば、被災していない土地でこんなことにはならなかっただろう(買占めは食料に限った事ではないのはわかっているけれど)

つまり、日本国内で農業を活性化させて輸入に頼りすぎずに『地産地消』していかなきゃいけない。

その為にはそういうものを突っぱねられるよう日本の国が強くならなきゃ。

日本が危機に陥った時、手を差し伸べてくれるのを待っているようでは駄目。

手を差し伸べてくれた時は感謝を。今回メルトダウンさせてしまったようにそれを断るようではいけないのだけれど。

外国から舐められても突っぱねる外交力…この昨今の日本の凋落振りは本当にガッカリしてしまう。

『遺憾に思う』で終了…これじゃあいじめられっ子に暴力受けても先生にも言えず、落書きされた教科書を隠しながら下校する小学生と同じだよ。

だから、舐められない様に日本はビルドアップする。

外国に対する法整備(まずは侵略行為に対する法の制定から)や新規就農者の奨励。

あと、特産物が無ければ特産にしてしまえばいいんだよ。その土地で作られているものを。

その地域一つ一つがオンリーワンになっていけば、やがて日本はナンバーワンになれる事だと思う。

それは農業も産業も、日々多様化する第三次産業も。

今の日本は海外の人達にとって魅力的な国だろうか?

魅力的なものであってほしいけれど、今の日本ではそう思われる事は無理な話に思える。

オレはこの美しい國・日本が千代に八千代に続いていくために、誇りある日本人として生きていきたいと思うわけです。

ブログでは敢えて表明する事ではなく、言葉に書き起こさないようにしていたけれど、この度の東日本大震災における被災した皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災した方々に一日も早い安息の時が訪れる事を心よりお祈りいたします。

まずは日本の経済を活性化すること。

金はオレみたいに無い所は無い。だけれどもある所にはある。

経済回すためには、国民が消費しなければ成り立たない。

今年もオレは呑みます。

この日本の中の北海道、もう生まれてずっと住んでいる北海道。

魅力的なんだよ、マジで。

海はあるし、メシは旨い。

独自の文化は面白いし、音楽だって多種多様。

大自然も味わえるし、人ごみにまみれる事も出来る。

そんな北海道の良さがこの文明の利器・ネットを通じて世界にアピールする場として北海道ポータルが出来たのはとても嬉しい。

酔っぱらって駄文になってしまったが、オレら世代で出来る事があれば色んなグルーヴ創っていきたいよね。

それは音楽でもそうだし、それ以外でも。

僕の挑戦も続きます。

継続は力なり。

|

« pollen wars | トップページ | 人はそれぞれ。だけどね。 »

コメント

よし呑もう♪
良い文だなあ。
たまたまだけど、友人兼恩人がFM軽井沢にボチボチ出てるよ。

投稿: tksk | 2011/05/25 00:53

>ブラザー!!
ありがとう☆
今年も呑みませう♪
そのグッチィは昨年くらいに退職したはずなので、もしかしたらタカちゃんの友達知ってるかもね!!
今年も良いグルーヴ創っていこうじゃないか!!!

投稿: wada-J groovin' | 2011/05/25 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35087/51760982

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の恩師の挑戦。:

« pollen wars | トップページ | 人はそれぞれ。だけどね。 »